« 龍馬伝はあと一回! | トップページ | 愛知県豊川市「豊川稲荷秋季大祭」 提灯 »

竜馬がゆく

司馬遼太郎先生が『竜馬がゆく』を発表したのが
1962年6月21日から1966年5月19日の産経新聞の夕刊です。

その間に合わせて文藝春秋より全5巻(立志編・風雲篇・狂瀾篇・怒涛編・回天編)が刊行されています。

1974年には文春文庫の発足に伴い全8巻で刊行されていますが!
私が読んだものはハードカバーの全5巻の方でした。。。
(勿論これは今でも持っています。)

たしか・・・

立志編を近所の先輩から借りて読んだ後に?面白さにはまってその後全巻自分で揃えて読みました。。。

本が刊行された当時既にテレビドラマ化もされていますから、龍馬人気が伺えます。

最初は1965年MBSでドラマ化全32回で放送さえています。

その次がなんとNHK大河ドラマ
1968年の事なので知る由もありません・・・
NHK大河ドラマの第6作で!1968年1月7日~12月29日の放送で52回の放送なので
今回の「龍馬伝」より多い放送回数です。。。

坂本竜馬に北大路欣也・お竜に浅丘ルリ子・武市半平太が高橋英樹と言うキャストは魅力的

こちらも見てみたいのですが・・・現存する映像は第16話のみのようです。
(残念)

続いてお正月の特番ですかね?
1982年1月2日テレビ東京の12時間超ワイドドラマで放送されていますが
こちらは少し記憶が曖昧???
見たような見ないような???
当時お正月にこう言った長時間のドラマは良く放送されていましたね。。。
ちなみに坂本竜馬役は萬屋錦之助さんです。

次が1997年!
これもお正月のスペシャルドラマで「TBS大型時代劇スペシャル」枠で放送。
坂本竜馬役は今回の「龍馬伝」で中岡慎太郎を演じた上川隆也さん。
これは見ましたね

最後が2004年!
またまたテレビ東京が新春ワイド時代劇として1月2日に放送しています。
坂本竜馬が市川染五郎・お竜が内山理名が演じていますので!
一気に最近の感じがします。

で・・・

このあたりが司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」を原作としてドラマ化された龍馬のようです。。。

次回最終回を迎えるNHK大河ドラマの「龍馬伝」
龍馬の最後(暗殺)へと話は進みますが!その暗殺の日が11月15日。
この日は龍馬の誕生日として知られていますが。
実は龍馬の誕生日には諸説あって・・・「司馬遼太郎先生の竜馬がゆく」で11月15日が使用されたことで誕生日が確立したと言う逸話があるそうです。

とにかく一般的にそうだと思いますが
坂本龍馬のイメージを作った作品である「司馬遼太郎・竜馬がゆく」

「龍馬伝」最終回を見た後で
もう一回読み直して見ましょうか。。。

私に読書の楽しさを教えてくれた「竜馬がゆく」

それと同時に龍馬さんの魅力に引き込んでくれた「竜馬がゆく」

何なんでしょうかね?

坂本龍馬と言う男とは

とにかく不思議な魅力を持った男

最後に司馬遼太郎先生が龍馬を竜馬と表記したのはあくまでフィクションとして作品を書いたからのようです。


« 龍馬伝はあと一回! | トップページ | 愛知県豊川市「豊川稲荷秋季大祭」 提灯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 龍馬伝はあと一回! | トップページ | 愛知県豊川市「豊川稲荷秋季大祭」 提灯 »

twitter

浜名湖 い志や

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ